スポンサーサイト

  • 2019.06.27 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    アルバイトなどの心理で働く士気について

    • 2019.06.27 Thursday
    • 16:37

    アルバイトなどの心理で働く士気について 現在、人材不足など、アルバイト業界では、なにかと人材に対して神経質になってると言われてる話もあります。そのため、新人に対しての心理について、採用する側、あらかじめ押さえておいた方が良いでしょう。

     

    現在の若者は、コミュニケーション不足も高く、何かと不安になりやすい状況があります。これは、経験の高い大人でも、海外に一人で出張し、本来、積極的に話さなければならない状況で、誰からも話をされなければ、不安になってくる場合もあるでしょう。

     

    新人に対しては、出来るだけ話しかけるのがポイントであり、話しかけられる中で、自分自身の存在感が現れ、アルバイトなどで働く士気が高まりやすくなるのです。

     

    現在の若者の中には、一度も叱られたことがない人もいます。そのため、初めは、あまり叱らないのもポイントであり、一度叱られて、そのままアルバイトに足を運ばない話もあります。

     

    最低限の人材が必要の中で、人材をやっと確保した場合、仕事が回らなくなってしまう可能性も高まってしまうでしょう。

     

    心理学者のフロイトは、人は快感を求める生き物として、それを快感原則と名付けました。ご飯を食べるにも、快感を求めて行動を起こすものであり、寝るにしても、少なからずそこには安らぎの快感があるはずです。

     

    アルバイトなどの働く士気を高めるためには、快感がポイントです。ある飲食店の研修においては、各店長に対して、アルバイト店員が仕事が終われば、褒める研修を行い、高い効果が表れている飲食店も存在します。

     

    快感は、何も褒めるだけではなく、働きやすい環境、などもあるでしょう。

     

    もちろん、言葉の速さや、きつい言葉などには注意しなければなりません。従来は、アルバイトなど、雇う側が選ぶ立場にありました。現在は、働く場所を選ばれる環境にもあります。

     

    従来は、求人を求める側が、採用されるために自分の質を何かと高めてきた物でもあるでしょう。現在は、逆の立場であるため、採用する側が、魅力を追求していかなければなりません。

     

    バイトの心理

     

    賃金的な内容は致し方がないかもしれませんが、努力次第では、賃金が低くてもそこで働きたい環境づくりを作り出す事も可能でしょう。

     

    注意を受ける気持ちは、仕事を辞める高い原因でもありますが、疎外感は、心理的な苦痛を強く受けやすくなるはずです。

     

    現在の若者は、デジタル技術に慣れ過ぎる中で、既にある答えを選択する、傾向があるでしょう。そのため自分から話すのが苦手であり、それを認識した中で、話しかけていく心構えもポイントです。