級霊と低級霊の違いは、現代人からも見れる話

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 14:53

高級霊と低級霊の違いは、少なからず高級霊と低級霊が現世に影響を与えているため、その違いについての判断が現代においてできる環境があるでしょう。

 

あくまでも高級霊と低級霊の違いは、相対的な話であり、その認識について押さえておく必要性もあるかもしれません。例えば、ある人にとっては高い霊格であっても、ある人からすると低い霊格である可能性もあるはずです。

 

つまり、高い位置にいる高級霊からすれば、低い位置に存在するものは全て低級霊であり、ここでの話はあくまでも、現世における話として話をさせていただきたいと思います。

 

低級霊とは、もうすでにご存知かもしれませんが、何かしらの犯罪起こす人は全て低級霊の性格と言っても過言ではありません。自分自身の不満や欲求を満たすためだけに、事件を起こす姿も多くあり、低級霊は自分自身の欲望を満たす気持ちが強く持ち合わせている存在です。

 

高級霊ほど、他者の気持ちを満たす気持ちも強くあり、他者のために行動を起こす人ほど、高級霊の思いと似たような気持ちを持ち合わせているでしょう。

 

低級霊の気持ちを持ち合わせている人からすれば、なぜ高級霊のような気持ちにならなければならないのかと思われる人もいるかもしれません。

 

仮に低級霊ばかりがいる世界についてイメージすれば、その理由について、見えてくるのではないでしょうか。

 

自分の欲望しか出さないこと考える人が多い世界は、ゴミが散らかっていても誰も片付けはせず、他者のために働きたい気持ちがない世界は、医者の存在も存在せず、もちろん警察も現れにくいため、スラム街のような世界になってしまうでしょう。

 

これを謙虚に表現してるのが北斗の拳であり、人々が支え合う高級霊のような性格の社会と、低級霊が集まるような創造性の低い町並みが描かれてる姿もあるはずです。

 

高級霊と低級霊の違い

 

高級霊と低級霊の違いの世界は、高級霊がいる世界は、他者が喜ばれるとことを率先して行う世界であるため、様々な創造力の豊かな世界であり、低級霊がいる世界は、自分が生きることに必死であるため、寂れた世界になるでしょう。

 

これが顕著に現れてるのが北朝鮮であり、北朝鮮では、餓死者も多く、健全な国家とは誰しもが思われないのではないでしょうか。

 

先にも言いましたが、高級霊からすれば現世にいる人間は全て低級霊です。自然破壊に無関心の方も多く、人々が支えるさかいとは決して言えない社会でもあるはずです。自己責任論も多くあり、創造性が高い社会として決して言えない話ではないでしょうか。