宝くじの当選は、スピリチュアルに意味が深い

  • 2020.01.11 Saturday
  • 17:26

宝くじの当選は、スピリチュアル的に考えて、意味の深い話が関わっています。スピリチュアルと言えば、精神性と訳せる場合もあり、精神に大きな影響を与える話でもあるでしょう。

 

一般的に考えれば、スピリチャル的な行いが良いため、そのご褒美として宝くじの当選が当たると思われる人も多いのではないでしょうか。

 

宝くじが当選した人の中には、当たったことの恐怖から、精神が不安定になる人もいるでしょう。中には、宝くじが当選したことで、それが原因で家庭内が割れ、家族関係が崩壊してしまった話もあるのです。

 

宝くじの当選は、良くも悪くも、大きなエネルギーを与える内容です。他者のために扱えば、他者に繁栄と利益をもたらすものであり、自分の欲望を満たすだけに使えば、崩壊してしまう可能性が高くあるのです。

 

このような話があります。何度も宝くじに当選する女性の話であり、その方はアパート経営などを行っていました。アパート経営は大家の利益、ただのビジネスだと思われがちですが、スピリチャル的に考えれば人々に住居を与え、人々を養う力もあるでしょう。

宝くじの当選で、この様な話があります。ある独身の女性は、サラリーマンの生活をしている中で、それほど収入面が良い訳では無く、普通の生活を孤独に行っていました。

 

その会社に頻繁に訪れる別会社の営業マンと、会話をする中で、その方と割と中が良くなったのです。普段宝くじは買わない女性は、何気なく、宝くじを買ったところ、なんと一等の宝くじの当選をしました。

 

一人暮らしであるため、誰にも相談できず、それを別会社の営業マンに話をしたのです。お互い付き合う中で、家の購入を決め、営業マンに家の購入を頼み、全通帳を渡しました。

 

その営業マンは、家の購入はせず、クラブの女性に金を貢ぎ、別会社の営業マンが経営していた借金の返済に充てたのです。女性の方は、一向に家の購入の話が現れないため、問いただした所、営業マンが首を絞めて女性を殺してしまいました。

 

宝くじが当選した別の良い話としては、お坊さんが宝くじを当選して、仏像を立てた話などもあります。この坊さんは二度、宝くじ一等を2回、当てた話もあるのです。

 

宝くじ当選のスピリチュアル

 

宝くじ当選は、スピリチュアル的に考えると、先にも言いましたが、大きなエネルギーを生み出す内容であり、創造と崩壊の両面を待ち合わせています。

 

宝くじが当選した場合は、人は必ず死ぬものであり、そのお金はあの世に持って帰ることはできないことを考え、どのように扱うか、じっくり考えれば、そのお金は良いお金となり、大いに恩恵をもたらしてくれるでしょう。

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 17:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする