好きな人への心理は、どの様な無意識が現れる?

  • 2020.01.12 Sunday
  • 13:03

好きな人への心理は、無意識にも影響を与え、意識せずとも体に変化を与える場合もあります。その特徴としては、男性はより男性らしい姿に変わりやすく、女性はより女性らしい姿が現れやすくなるのです。

 

男性が男性らしい姿とは、どの様な姿でしょうか?男性の特徴と言えば、肉体的にも硬い印象も強く、大きく堂々とした姿なども現れやすくなるでしょう。

 

女性は逆に、肉体が柔らかくなりやすく、自分自身を小さく見せるような姿が本能的に現れやすくなるのです。これはどこか、ある内容に似てると思われないでしょうか?それは、人間が持つ性器であり、本能が強く影響を受けてる場合もあるのです。

 

好きな人への心理は、共通して、相手の異性の情報を多く集めたい心理が働きやすくなるため、目の瞳孔が広がり、目に輝きが現れやすくなる特徴もあります。これは好きな人のみならず、心の底から好きなものと出会った場合にも現れやすく、よくよく考えれば、理解しやすい内容ではないでしょうか。

 

もちろん好きな異性に対しては、相手のことについて気になるため、その姿を確認する態度が無意識の中で現れやすくなるでしょう。

 

好きな人への心理は、好きな人との間柄によっても変わってくるかもしれませんが、できるだけ同じ時を共にしたい気持ちも高まりやすく、何かと無駄な話題が現れる可能性も高まります。

 

間柄によっても変わってくるかもしれないとは、好きな人へに対して、片思いであり、ほとんど話をしたことがない人もいるはずです。

 

この場合は、抱えている心のエネルギーが開放されにくく、違う意味でのストレスにかかる可能性もあり、体が動かしにくい症状が現れやすくなります。

 

違う意味でのストレスとは、ストレスとは悪いイメージがありますが、例えば、好きな芸能人が目の前に現れた場合、緊張のあまり体が動けなくなり、ただし、少しばかり嬉しい気持ちも存在してるような症状です。

 

好きな人の心理

 

ただし、このような心情情を抱く、好きな人への心理は、少しばかり、危険な状況を抱えています。開放されない好きな人への心理は、満たされない気持ちがストレスを高め、攻撃的な思いが現れる可能性もあるためです。

 

好きな人が、誰かと楽しく会話してるの見るだけで、怒りのような気持ちが表れ、時にはストーカーのような行動を引き起こしてしまいかねません。

好きな人への心理は、恋の問題に繋がり、結ばれない間柄では、解決に難しい話でもあるでしょう。
 

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 13:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする