霊感が消えた時の環境は、考えれば見えて来る

  • 2020.01.12 Sunday
  • 13:08

霊感が消えた環境は、子供が大人と比べると霊感が高く、幼児など幽霊などを見る話もあり、よく言われる話として、徐々に見えてこなくなる話が存在します。

 

この話をする前に、押さえておかなければならない話があります。それは、霊感とは、心を感じる力であり、霊感が消えたとは心を感じる力が弱まった話でもあるのです。

 

つまり、心を感じる環境が減ると、霊感が消える可能性があります。

 

最も霊感が消える内容は、勉学に集中し、人とそれほど関わりがなく、物事を理性で考える働きを頻繁に行っていくと、霊感が消える可能性も高まります。

 

もちろん、大学卒業の方の中にも霊感を高く持ち続けてる人もいまして、その様な方は、感じる気持ちを失わず、他人に対しても関心を持ち、霊感を持ち合わせている人もいます。

 

霊能力者の江原啓之さんは、小学時代、同じ同級生の子供たちからオーラが見え、それが原因で黒板が見えずに、悩まれていたとも言われています。中学時代は、霊感が消えたそうですが、母親の死後、再び霊感が高まりだし、霊的な現象に悩まされていたとも話されています。

 

子供たち同士の中では、割と相手の心を感じて、心でコミュニケーションを図る場合もあるでしょう。中学時代は、より理性を働かせ、理性的な中で会話を行う傾向も高まりやすくなるはずです。

 

母親の死後は、既に父親も他界していたため、姉と2人で生きていくために、様々な大人の心を感じる気持ちも高めなければならない環境に置かれていたと考えられるのではないでしょうか。

 

霊感が消えた環境の中には、このような話もあるかもしれません。人が貧困な状態にあると、生きるための本能がより強くなりやすく、感覚が鋭く働きやすくなる場合もあります。

 

生活にゆとりが現れれば、鋭い感覚が鞘に収まり、それがきっかけで霊感が消えてしまう可能性なども考えられるでしょう。

 

先にも言いましたが、霊感とは心を感じる力であり、霊感が消えた環境の中には心を感じる環境が大いに関係があるかと思います。

 

霊感が消えて、生活が良くなった人もいるかもしれませんが、霊感が消えて何かしらの才能が失い、再び取り戻したい気持ちを抱かれている人もいるでしょう。

 

霊感が消えた環境

 

心に関心を持つのが大切であり、様々な人の心に意識を向けたり、心が伴った小説を読んだり、最も効果的なのは、小説など自分自身で創作してみる話です。

 

霊的な内容に携わる宿命であれば、江原啓之さんのように、宿命的な変化が現れ、再び霊感が現れだすかもしれません。今は、霊感が消えて様々な経験をする時期である可能性もあり、霊感があると悪い影響与えてしまいそうな様々な知識を吸収するのもお勧めの1つであります。
 

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 13:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする