スピリチュアルと不眠の関係は、心を整えるアドバイス

  • 2020.01.14 Tuesday
  • 07:01

スピリチュアルと不眠は、少なからず何かしらの原因が関わっている可能性も考えられるでしょう。なぜならば、スピリッチュアルは自然的な内容に価値を置き、私たちも自然の生き物であるとするならば、不眠も自然の仕組みの原因による話でもあるためです。

スピリチュアルの定義は、確かな定義はなく、霊的な内容や不思議な内容、過去で言えばオカルト的な内容が、言葉を言い換えて、スピリチュアルとして扱われている背景などもあります。

 

これが原因で、スピリチュアルに対して不信感を抱き、スピリチュアルを否定的にとらえる人もいることでもあるでしょう。

 

そのためここで語るスピリチャルは、私自身の価値観であり、それを前提に話をさせていただきたいと思います。

 

自然の内容には、生まれたものには必ず死があり、太陽でさえ、やがて消えて無くなる存在です。不眠の中には、生まれたエネルギーが消費しきれず、そのエネルギーが高まり過ぎる中で、睡眠に弊害を与えている話などもあるのではないでしょうか。

 

エネルギーの高まりは、鼓動を早くさせ、活動状態を引き起こしてしまう場合もあるでしょう。

 

例えばストレス、本来のストレスは、ストレスを引き起こしてるものに対して対応するために、心身に大きなエネルギーを生み出します。古代であれば、近くに外敵がいまして、逃れるための行動としてのエネルギーが生まれていたことでもあるはずです。

 

ただし、現在は、人間社会におけるストレスについて、そうそう簡単に逃げ切ることはできず、常にストレスを抱えている状況も現れやすくなるはずです。

 

実際に運動などで、エネルギーを消費するのが望ましくありますが、ストレスによって疲れている現状では、体を動かすのに抵抗感が現れる人もいるのではないでしょうか。

 

そのため、お勧めな方法は、睡眠前にイメージの中で、物理的限界を飛び越して、思いっきり走ったり、体を動かすイメージはしてみることです。多少なりとも心的エネルギーが消費され、不眠の解決につながる可能性もあるでしょう。

 

スピリチュアルと不眠の中には、マイナスイメージのストレスのみならず、楽しいことが待ち受けている不眠もあるかもしれません。

 

スピリチュアルと不眠

 

心拍数が上がっている状態であり、息を遅く整え、それを耳で聞く方法を何度も繰り返していくと、徐々に心拍数が下がり、質の良い睡眠が取れやすくなります。

 

現代人は、睡眠と起床時の切り替えが曖昧であり、起床時の状況がそのまま睡眠へと入りやすくなる人も多いのではないでしょうか。睡眠に入る前の癖、例えば、ある情報求める、コップで水を飲むなどを繰り返してると、それがサインとなり、睡眠への切り替えに力を発揮しやすくなるでしょう。
 

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 07:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする