霊視鑑定と占いは、その違い、お勧めはどっち?

  • 2020.01.09 Thursday
  • 16:30

霊視鑑定と占いは、その違いについて、お勧めがどちらかと言えば一概には言い切れませんが、霊視鑑定の方が相談料も高く、力のみを考えれば、霊視鑑定の方がお勧めです。

 

なぜ一概には言い切れないと言ったのは、相談者の悩み事も様々であり、先生方が持ち合わせている知識や経験について違いがあるためです。

 

一般的に考えれば、霊視鑑定の方が占いよりも、お勧めが当たり前の様に思われるでしょう。ただし、占いは、先生がたが持ち合わせている知識が、相談者の悩み事に合っている場合もあるのです。

 

私達、人から見れば、霊視鑑定の方が占いよりも力があると思われてしまうでしょう。霊的な相談の多くは、先生方独自の力では無く、力のある霊、高級霊と呼ばれるような存在の力によって力が発揮されています。

 

高級霊の世界では、テレパシーでコミュニケーションを図ると言われており、念によって、メッセージを伝え合っているのです。占い師の中には、霊視の力がなくても、その感覚を感じるのに長けている人もいます。

 

占い師が占いを行うのではなく、高級霊が占い師を操って占いを行う為、占い師から発する言葉の中には、相談者にとって価値のある言葉である場合もあるのです。ただ、占い師の中には、霊感が弱く、話術が長けているだけ、高級霊との繋がりがない占い師もいるため、必ず、該当する話ではありません。

 

先にも言いましたが、あくまでも霊的な力での意味での霊視鑑定です。

 

霊視鑑定を行うとの中には、当てる力があったとしても、問題を抱えてる内容の改善につながるようなアドバイスなどのケアに欠けている人もいます。

 

そのため、霊視鑑定と占いは、どちらが良いとは一概には言い切れないのです。

 

相談者からすると、この様な知識を持ち合わせておいても良いでしょう。霊視は、時間軸における点の情報を把握するのに長けており、占いは、時間軸における線の情報を把握するのに長けている内容です。

 

霊視鑑定と占い

 

占いは、具体的な内容に欠けていますが、時期を把握するに力を発揮してくれる場合もあります。

 

霊視鑑定は、具体性が強いですが、占いと比べるとやや時期に欠けてしまう場合もあるのです。

 

霊視鑑定の中には、好きな人がどう思ってるのか、など、具体性がより把握できる場合もあり、相談者自身が何を求めてるのか、それによって、話が変わってきます。

 

現在の悩みではなく、未来の様子についての相談であれば、霊視占いなども選択肢の一つです。
 

スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • 16:30
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする